子供とお金の大辞典子どもと金融サービス子どものための保険>子供のための学資保険の選び方

子供のための学資保険の選び方

子供の教育資金は学資保険でカバーしたいという方のための、学資保険の選び方を説明するページです。ポイントは「返戻率」とその途中の解約リスクの有無が焦点となってくるでしょう。


スポンサーリンク

最終的な返戻率を比較してみよう!

学資保険というのは基本的に「運用性」を重視する保険となります。
つまり、預けた掛け金(保険料)に対してそれが何%で戻ってくるのか?ということを評価する必要があります。

それを示すのが「返戻率(へんれいりつ)」という指標です。
返戻率が100%を超えるというのであれば、支払った保険料よりも多くが戻ってくるということ。逆に100%を下回る学資保険は元本割れする保険ということになるわけです。

もちろん、学資「保険」なので保険としての保障機能もありますが、その辺りについては普通の生命保険等でカバーすべき内容かと思います。

 

基本的に途中解約はしないのが前提

学資保険の場合、いつでも解約をすることはできますが、途中で解約をすると損をしてしまいます。保険商品全般に言えることなのですが、途中で解約する際の戻り金(解約返戻金)は100%を割るのが基本です。
特に契約を始めてから日が浅い場合は返戻率が5割を下回るというのもザラです。要するに預けた保険料の半分以上が戻ってこないということになるわけです。

そのため、学資保険については途中で解約することが無い無理のない金額で始めることも大切なわけです。また、絶対に解約をしないというのであれば、運用性(返戻率の高さ)から下記の「低解約返戻金型保険」を活用するのも良いでしょう。

 

途中解約がないなら「低解約返戻金型保険」も強い

ちなみに、学資保険とほぼ類似した機能を持つ保険に「低解約返戻金型保険(生命保険見直しガイド)」というものがあります。これは所定の一定期間は途中解約による返戻率が極めて低く設定されている一方で、その期間終了後の返戻率が高くなる保険商品です。

保険金払込期間中は絶対に解約をしないというのであれば、こうした保険を学資保険の代わりとして運用するのも一つの手だと思います。

 

保障部分については別の保険でもカバーできる

学資保険についている保障部分はその多くが「こども総合保険」などのような保障内容となっています。こうした補償はわざわざ学資保険で行う必要が無いものも多いです。
こうした損害保険的な補償は重複すると保険料の無駄となるケースも多いので、気をつけましょう。

 

その他の教育資金の積立、貯め方について

保険以外にも教育資金を積立していく方法として「預金」と「投資」の二つが挙げられます。それぞれの特徴についてはリンク先のほか「子供の教育資金を準備する3つの方法を比較」でも詳しくまとめているのでご一読ください。

スポンサーリンク