子供とお金の大辞典知っておきたいお金の知識奨学金制度>新聞社の奨学金(新聞奨学生)

新聞社の奨学金(新聞奨学生)

朝日新聞や毎日新聞といった新聞社が実施している奨学金制度。学費を新聞社が払ってくれる代わりに、在学中は新聞販売店で新聞配達などを行う義務が生じます。学費負担、生活費負担が大きく減る一方で、販売店での勤務が過酷であるという評判も多いのが新聞奨学生です。


スポンサーリンク

新聞奨学生になるメリット

新聞奨学生のメリットは経済的な恩恵。学費を肩代わりしてくれるほか、寮が用意されているケースもあります。また、新聞配達などで働くことによる給料も受け取ることができ、多くの新聞奨学生が両親等からの援助がなくても自活することができるという点が挙げられます。

ちなみに男女問わず利用することができます。女子の新聞奨学生も少なくはありません。また、大学だけでなく短大、専門学校でも利用することができます。

 

新聞奨学生のデメリット

新聞販売店では新聞配達などに従事しなければなりません。午前2時起床で新聞への折り込みや配達を終えて学校へ行き、夕方からは夕刊の配達もしなければならないなど、時間的な制約が大きいです。
また、集金や勧誘などの業務が入るケースもあり、勤務実態が劣悪といわれるケースも多々あります。待遇については新聞奨学生を受け入れる販売店や新聞社(奨学会)によって随分と温度差があると言われています。

また、途中でやめたいという場合は、学費の一括返済が求められます。これは新聞販売店での業務に耐えられない学生にとって経済的な理由で返済ができないためやめたいのにやめられない状態になりやすく、問題視されています。

 

負担をかけず大学に通えるという制度であるものの・・・

新聞奨学生という制度自体は大変立派なものだと思います。
両親などに学費などの負担をさせずに大学を卒業することができます。学費等の大きさを考えれば、新聞奨学生として配達などの仕事をする、そしてそれが結構大きな負担となるということも仕方がないのかもしれません。

その一方で、数々の問題点も多く言われており、安易な気持ちで新聞奨学生になるというのは勧められたものではありません。

 

スポンサーリンク