子供とお金の大辞典子どもと金融サービス>子供のための証券口座

子供のための証券口座(株式投資・投資信託)
 -教育資金を運用して作る-

投資というと、リスクがある、怖いといったイメージが先行している方も多いかもしれません。その一方で、定期預金などローリスクで運用できる投資の収益性は低く、教育資金をためる上で、投資を活用したいというニーズも増えています。子どものための証券口座では、教育資金を投資でためる方法や投資を通じて子どもと金融を学ぶという点について解説していきます。


スポンサーリンク

教育資金作りに投資を活用する

預金金利はほとんど期待できず、学資保険の予定利率も低下している現在。子供のための教育費の積立をして増やすというのをリスクなしに行うのは難しくなってきています。投資といっても、選択する商品によってはリスクは限定的なものもあります。上手に活用していきましょう。
>>教育資金作りに投資を活用する

 

子どもと学ぶ株式投資

最近は子供に投資教育の一環として投資をさせる方も増えているそうです。完全に子供任せとするのはお勧めしませんが、株式投資などは子供に社会の仕組みや経済のことを教えることができる良いツールだと思います。ここでは、子供と学ぶ株式投資の基本を解説していきます。
>>子どもと学ぶ株式投資

 

子どもと証券口座(証券会社に子どもの口座を作る)

証券口座はどうしてもリスクがあるお金を扱うため、銀行口座と比較して口座をつくるのはちょっと大変です。ここでは未成年者の子どもが証券口座を開設するにあたって必要なものや口座開設の方法について分かりやすくまとめていきたいと思います。
>>子どもと証券口座(証券会社に口座を作る)

 

ジュニアNISAを活用して教育資金を運用

2014年からスタートした株式や投資信託などへの投資に対する非課税制度「NISA(少額投資非課税制度)」ですが、2016年からは子ども名義で投資の積立が可能なジュニアNISA(こどもNISA)という制度がスタートします。子どもの教育資金の運用に活用できます。
>>ジュニアNISA(子どもNISA)を活用して教育資金を運用

 

スポンサーリンク